オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

履歴書と職務経歴書の作成

履歴書って一度で書けた試しがない。ミスっちゃいけないと力が入りすぎるのか、むしろミスる。


東北田舎在住、一般事務職(転職歴は数あれど一般事務職に就くことが多い)私の場合。

 

基本は手書きしている。手書きだろうがパソコンで作成しようが内容は一緒だし、どちらでもいい気はする。訂正がしやすい分、パソコンで作成した方が効率はいいだろう。だけど、手書きする。
 

会社によっては手書きを指定してくることもあるから、それなりに意味があるのかもしれない。パソコンで作成すると誠意がないと思われていると感じることもある。(田舎だからと思っている)

 

手書きするとプラスになることもある。私は、決して褒められるような字ではないのだけれど、履歴書に関してはキレイに見える字が書けているらしく、面接で褒められることが多い。面接の場なので、そこから「何事も丁寧にやることを心がけていまして…」などのアピールに持っていくこともできるので、手書きで書くようにしている。

 

※字がキレイに見えるポイントがあるとすれば、崩して書かないことかもしれない。小学生が漢字練習帳に書くように書いている。ボールペンはジェットストリームを使う。
 

あとは、どの程度その会社に入りたいかによる。ちょっと条件が合わないけど妥協したようなとき。そんなときは履歴書もパソコンで作成してしまう。採用されたらもちろんいいけど、妥協してるのに労力を使いたくない。 
 

職務経歴書はパソコンで作成し「ちゃんとパソコンも使えるんですよ」アピールをする。 私はパソコンに関する資格を持っていないので、面接時の「パソコンをどのくらい使えるか?」という質問の答えにも使うことがある。「職務経歴書はword(excel)で○○分程で作成しました」と言うと、パソコンに詳しくない面接官がいる場合にも説明しやすい。


今どきって思ってもそうじゃないことは多い(田舎だし)。だからって自分が今どきなのかっていうと、かなりギモンなので仕方ない。その私でさえ…っては思うけど。