オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

見て盗めません。

交通事故で足が不自由になってしまった正社員Kさんの補助として、派遣社員で働き始めたときのこと。

正社員Kさんの仕事は、事務職ではあるが、社内で階段を利用しての移動も多く、時には現金を持ち運ぶこともあるという。松葉杖を使用しているので、階段を踏み外してしまう危険や、そんな中で現金を持ち運ぶのは精神的にも負担になるだろうということだった。

しばらく経った頃、派遣先の上司からオフレコの話があった。

「実は、正社員Kさんの部署異動を考えている。そのために派遣社員にきてもらった。業務も負担だろうし、今の環境だとトイレに行くのも大変だから」というような話だった。

確かに、トイレも古く、決して使いやすいとは言えない。正社員Kさんも、なるべく行かないようにしてると言っていたので、健康にも悪そうだった。異動先の部署は、トイレも新しく改装されていて、身障者用トイレもあるとのことだった。

だとしたら、正社員Kさんにとって働きやすい環境かもしれない。

ただ。

「そのために派遣社員にきてもらった」というのが、引っかかった。

そんな話聞いてませんけど。

「そりゃそうだよ。今言ったんだもん。正社員Kさんには、時期を見て言わなきゃいけないから、その前に言えないでしょ?」

「言える時期がきたら、派遣会社にも話を通すけど、だから引き継ぎ受けるつもりで業務をしてほしいんだよ」

いやいやいや。

「そう言われましても、正社員Kさんが業務引き継ぎするつもりでやっていないので、無理です。」

「そこはね、ほら、見て盗んで。何かやっていたら後ろから覗きこんでいいから。よろしくね。」

あの…よろしくねと言われても…。事務仕事なんて、見て盗めるようなものじゃないと思うんだけど。そんな一瞬で記憶できる能力ないし。後ろから覗きこんでいいと言われても、正社員Kさんに嫌がられるよね。

もう何言っちゃってんだろな。

結局、見て盗むなんてことはできなくて1週間程度でバタバタと引き継ぎを終えた。月末締めの処理なんて、話を聞いただけで終わったから、めちゃくちゃ大変だった。