オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

言われてなくても

取引先も集まる会議が開かれることになった。会食もあり、食後にはコーヒーも出す。コーヒーは業者には頼まず、社内で用意するという話だった。指示をうけた訳ではないけれど、事務員は2人しかいないし、自分たちがやるものと思っていた。

会議当日、人数を考えるとコーヒーは何回かに分けないと提供できない。さらに隣室にコーヒーサーバーとカップを運んでの作業だ。時間をかけすぎると冷めてしまうし、どうしても時間差がでてしまうので、手際よくやらなければいけない。

準備をしていると、もう1人の事務員Mさんがやってきた。ちょうどお盆に載るだけのコーヒーを用意したところだったので、「次の分の用意をしてくる」ことを伝え、少し離れたところにある給湯室へ向かった。用意できた分は提供してくれるものと思っていた。

戻ってきてみると、コーヒーはまだあった。びっくりして、「まだ運んでなかったんですか?」と聞くと、「私が運ぶの?」と言われた。

「だって、やれって言われてないし」

私だって言われてはいない。会議全体の流れを説明されただけだ。それとも私が、「コーヒー出しててください」と言わなきゃいけなかったのか。

冷めてしまうので、とりあえず用意できた分のコーヒーを運ぶ。戻ってくると、コーヒーの準備をしてくれている訳でもなく、ただコーヒーカップを眺めている。イラつくが、こちらのほうが年も立場も下だし、何かと言いにくい。

全部を出し終わるまで、Mさんは何もせず、カップや人のやることを眺めていただけだった。

会議が終わり、上司から「2人ともありがとう。コーヒー出すの大変だったでしょ」と声をかけられた。眺めていただけのMさんが笑顔で応えている。

何もしてないよね???!

1人でやるのは大変だった。コーヒーごときの話かもしれないけれど、しばらくムカついていた。