オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

自分は棚にあげて

他部署から、書類ミスを指摘されたTさん。同じ書類に、どうやら他部署自体のミスも発見したらしい。

電話で話す声が聞こえてくる。
「それを言うなら~、○○も違いますよね~」

自分もミスしたのに、まず他人のミスをあげつらう。どこにでもいるんだなぁ。まずは謝らないと…自分がミスしていて指摘されている訳だから。

多分、相手は頭にきてるだろう。前職でも、そういうやり取りを見ていたから何となく想像できる。

電話をきったあともTさんは、「向こうだって間違っているのに」と周りに向けて言っている。そして、向こうのミスを発見したと得意気にしている。

バカだなぁ…

案の定、しばらく経ってからTさんは上司に呼ばれた。何の話かは悟っているらしく臨戦態勢だ。

「書類、ミスがあったんだってね?」

「他部署だってミスがあったんですよ?」

「そうかもしれないけど、こちらもミスしてる訳だから…」

「…向こうのミスもありますから」

「気持ちはわかるけど、こちらのミスはミスとして認めないと。他部署の○○さん、怒ってるよ」

「他部署だってミスしたのに怒ってるんですか?」

そういう話じゃないんだけどなぁ。電話がきた時点での対応次第で、穏便に終わった話なのに。