オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

コンピュータ?

地元の小さな会社に事務職として入社した。トップは、おじいちゃん。(20歳くらいの頃、70歳ぐらいだった)

「今度入った事務員さんはコンピュータができるんだよ。」

おじいちゃんは、ガハハハハと笑いながら社内や取引先一人一人に紹介してくれた。

コンピュータは納期が間に合わず、これから入ってくるとのこと。おじいちゃんは、その間ずっと「コンピュータがくるんだよ」とうれしそうにしていた。

待ちに待ったコンピュータが届いた日。「コンピュータができる私」は、おじいちゃんの期待を一身に受けていた。

「設定方法は、業者さんと直接やりとりすんだぞ。ガハハハハ」

その声を聞きながら固まる私。てっきりワープロかパソコンが届くものだと思っていたのだが、見たこともない機械が目の前にある。キーボードがない…。何も書かれていないボタンが50個くらい並んでいるだけだ。

業者さんの話を聞くと。
「シートがあり、それをコンピュータにセットする。シートは5枚になっていて、切替ボタンを押すと切り替わる。今は何も設定されてないから、まずシートに商品名を手書きする。そして、シート+ボタンごとに商品登録する。」

1枚目に平仮名が書かれているが、いわゆるキーボードの配列ではなく、50音順に並んでいた。

一応、思っていたのと違うことと、このタイプは触ったことがないので、できるかわからないことは伝えてみるが、「コンピュータできるんだから大丈夫だ」と一蹴されてしまう。

とにもかくにも、やらねばならないので必死に取り組んでみるものの、慣れない商品名と操作に四苦八苦していた。

長らくいる事務員さんにも、「コンピュータできるんでしょう~?もっと早くできるかと思ったのに」とため息混じりに言われてしまう。

コンピュータと一括りにされても困るのに。