オシゴト雑記

転職や面接、職場の人間関係など、思いつくまま書き記しています。

退職代行サービス

前回

こんなサービスがあるなんて心強ーいなんて思ってたけど、限りなく黒に近いグレーなんだって。

非弁行為らしい。※弁護士でない人が、法律事件に関して代理とか、仲裁とかの法律事務を扱って報酬を得ることはできないと法律で定められてるんだって。(弁護士法72条)

なので、代行サービス内容が雇用契約の解除ってアウト。離職票発行の要求ですら、法的なことが関連するらしい。

何がダメかっつーと法律違反。今のところはグレーゾーンだけど、いつどうなるかわからない危険な橋。大丈夫なのは、あくまでも、退職する意思があると伝えてもらうだけならOKなんだって。だったら、最初から弁護士に頼んだほうがいいじゃんって気になってくる。

いやいや、違うな。その前にそんなことに使うお金がもったいない。よっぽど、こじれてどうしようもなかったら頼むかもしれないけど、そんなことにはならない気がする。

心強いとか言ってたくせに、こうなると考えも変わってくるのだから、そこまでの人間なんだなぁ。打算的なのよね、きっと。